信学会トップ >

専科教室からのお知らせ

2015年11月11日

ユニホック県大会2015

秋には様々な楽しみがありますが、その一つがスポーツ。みなさん、『ユニホック』という競技はご存知でしょうか。『ユニホック』とは、簡単に言うと体育館で行うアイスホッケーのことで、日本の施設に合わせ危険行為を規制した「みんなが楽しめるスポーツ」として幼児から高齢者まで全国に普及しています。

ユニホックは運動量がとても多く、運動能力的には瞬時な判断力や技術が求められます。信学会体育教室では『ユニホック』を通して、技術力の他にもチームプレーに必要な協調性を身につけるために、この時期練習を積み、地区大会を勝ち抜いたチームが毎年1回行われる県大会にてトップを競います。今回はその信学会ユニホック県大会の熱い様子をご紹介します。

11月7日(土)地区大会を勝ち抜いた12チームが、信学会佐久幼稚園に集まりました。仲間と最後まで力を合わせて戦うことを、上田南教室 関谷春輝くんが選手宣誓しました。

1

体育の先生からのルール説明に真剣に耳を傾けます。試合は前半・後半の6分ずつ行います。

2

全員で準備体操をして、いよいよ試合開始です!

3

試合が始まると会場は大声援!選手の気迫と周りの応援で、一気に盛り上がります。

4 5 6

大接戦の結果、優勝は昭和体育教室の『ブルーファイヤー』チーム!おめでとう!

7

最優秀プレー賞は昭和教室の黒川怜恩君。優秀プレー賞に4名の選手の皆さんが選ばれました。

9 8

優勝!昭和幼稚園「ブルーファイヤ―」チーム

昭和

準優勝!上田南幼稚園「Dragon ウエスギ」チーム

12

3位! さゆり幼稚園「狐(Foxes)」チーム

さゆり

閉会式では、上田南幼稚園 斉藤園長より「すべてにおいてフェアプレーで大変良い試合でした。この試合に出場した4,5年の後輩たちも、来年も県大会に出場するぞ!と心に刻んだことでしょう」というお話をいただきました。

10

選手の皆さんお疲れ様でした。皆さんの更なる活躍を応援しています。

 

TOP